正規品 お気にいる 送料無料 オリアン ORIAN YJ91 メンズ J039 コットン鹿の子ジャージーシャツ YJ91/J039,オリアン,コットン鹿の子ジャージーシャツ,ORIAN,メンズファッション , トップス , ワイシャツ,syzygys.jp,【正規品】【送料無料】,メンズ,17523円,/Cecomorphae2011314.html 17523円 【正規品】【送料無料】 オリアン ORIAN メンズ コットン鹿の子ジャージーシャツ YJ91/J039 メンズファッション トップス ワイシャツ 17523円 【正規品】【送料無料】 オリアン ORIAN メンズ コットン鹿の子ジャージーシャツ YJ91/J039 メンズファッション トップス ワイシャツ YJ91/J039,オリアン,コットン鹿の子ジャージーシャツ,ORIAN,メンズファッション , トップス , ワイシャツ,syzygys.jp,【正規品】【送料無料】,メンズ,17523円,/Cecomorphae2011314.html 正規品 お気にいる 送料無料 オリアン ORIAN YJ91 メンズ J039 コットン鹿の子ジャージーシャツ

正規品 お気にいる 送料無料 通信販売 オリアン ORIAN YJ91 メンズ J039 コットン鹿の子ジャージーシャツ

【正規品】【送料無料】 オリアン ORIAN メンズ コットン鹿の子ジャージーシャツ YJ91/J039

17523円

【正規品】【送料無料】 オリアン ORIAN メンズ コットン鹿の子ジャージーシャツ YJ91/J039










北イタリアのフィレンツェ郊外から世界に発信するシャツメーカー。創業は1990年と比較的歴史が浅いが、創業者のGian Gaetano Orian氏は名門「GUY ROVER(ギローバー)」で経験を積んだのちに独立してオリジナルブランドを展開。シャツ職人と近代技術の融合を目指してコンピューターを導入した。マシンメイドによる生産体制と伝統の感性とが一体化したシャツを誕生させた「ORIAN(オリアン)」は瞬く間に世界中で話題となり、一流ショップで取り扱われるようになった。

イタリアらしい仕立ての良さとコストパフォーマンスの高さで人気の「ORIAN(オリアン)」。その中でもジャージー素材を使った「FLUID EVOLUTION」というコレクションは、伸縮性に富んだ生地が生み出す快適な着心地が特徴。これまではカジュアルなアイテムが中心でしたが、こちらの新作はビジネスシーンにも合わせやすい仕上がりです。見た目が鹿の子に似た、はっきりと見える織り模様が特徴の生地をジャージーで実現。通気性に優れており肌触りもさらっとしているため、オールシーズンに最適の生地です。ソリッドなのでタイドアップが似合います。タイトなシルエットとは裏腹に、体の動きに合わせて自由に伸縮する快適な着心地を持つジャージーシャツ。カラーはホワイトとグレーの2色をご用意しています。どちらもビジネスでは欠かせない定番色なので、まとめてワードローブに揃えてみるのはいかがですか。

Attention

※できるだけ実際の商品と近い状態で撮影し掲載しておりますが、実際の商品と色が異なって見える場合がございます。予めご了承ください。

※サイズスペックは各サイズよりランダムに選んだ一個体のお直し前の実寸値となります。商品により誤差がある場合がございます。

Material

コットン100%

Size

Size 首回り 肩幅 着丈 裄丈 袖丈 胸幅
XS 37cm 45cm 70cm 85cm 61cm 46cm
S 38cm 46cm 71cm 86cm 62cm 48cm
M 39cm 47cm 72cm 87cm 63cm 50cm
L 40cm 48cm 73cm 89cm 65cm 52cm

原産国

イタリア


seemore

style

style

【正規品】【送料無料】 オリアン ORIAN メンズ コットン鹿の子ジャージーシャツ YJ91/J039

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

中年女性に認められた胸腺過形成の2例を報告する.症例1は46歳,女性.CTで胸腺腫を疑い,胸腔鏡下に腫大した胸腺の生検を施行し,迅速組織診では,反応性リンパ節の診断であった.しかし,永久組織標本では胸腺腫を否定出来ず,胸骨正中切開下に胸腺胸腺腫瘍摘出術を施行した.最終的にリンパ濾胞性胸腺過形成と診断した.症例2は48歳,女性.CTおよびMRIで縦隔腫瘤を指摘された.MRIで腫大した胸腺内に16mm大の結節を認め,こちらは胸腺嚢胞を疑ったが,悪性腫瘍も否定できず,胸骨正中切開下に胸腺胸腺腫瘍摘出術を施行し,真性胸腺過形成および胸腺嚢胞の合併と診断した.自己免疫性疾患の合併を伴わないリンパ濾胞性胸腺過形成や,外傷や化学療法などの治療歴のない非若年者における真性胸腺過形成の報告は極めて稀であるので報告した.

We report two middle-aged women with thymic hyperplasia mimicking thymoma. A 46-year-old woman presenting with a cough was referred to our division for the diagnosis of a light diffuse interstitial shadow of the lung and a mass in the anterior mediastinum on a CT scan. A thymic specimen obtained by video-assisted thoracoscopic surgery showed lymphoid follicles. As we could not rule out a thymoma because she had no autoimune diseases, we performed a thymo-thymectomy through a median sternotomy. The final diagnosis was not thymoma but lymphofollicular thymic hyperplasia. The other patient was a 48-year-old woman who presented with precordial pain. A cystic lesion in the anterior mediastinum was found on chest CT and MRI. True thymic hyperplasia combined with a thymic cyst was diagnosed on thymo-thymectomy through a median sternotomy. Thymic hyperplasia without self-immunologic disorder or true thymic hyperplasia in middle-aged adults is extremely rare. However, this entity should be considered in cases showing an anterior mediastinal mass mimicking thymoma, even in aged patients.

収録刊行物

  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery

    日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 25(1), 64-68, 2011-01-15

    特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

ページトップへ