1924円 Awichのニューアルバム発売決定。 Awich / 孔雀 CD・DVD CD 邦楽 ラップ・ヒップホップ メーカー公式 Awichのニューアルバム発売決定 Awich 孔雀 メーカー公式 Awichのニューアルバム発売決定 Awich 孔雀 1924円 Awichのニューアルバム発売決定。 Awich / 孔雀 CD・DVD CD 邦楽 ラップ・ヒップホップ Awichのニューアルバム発売決定。,CD・DVD , CD , 邦楽 , ラップ・ヒップホップ,孔雀,Awich,/diagnoses14809.html,syzygys.jp,1924円,/ Awichのニューアルバム発売決定。,CD・DVD , CD , 邦楽 , ラップ・ヒップホップ,孔雀,Awich,/diagnoses14809.html,syzygys.jp,1924円,/

超特価SALE開催 メーカー公式 Awichのニューアルバム発売決定 Awich 孔雀

Awichのニューアルバム発売決定。 Awich / 孔雀

1924円

Awichのニューアルバム発売決定。 Awich / 孔雀



Chaki Zulu、Baauer 等、世界最高水準のプロデューサー陣を迎え、女神 "Awich" が沖縄、東京、そして世界を繋ぐ最新作『孔雀』で羽ばたく。

2017年のHIP HOP界最大のトピックとして大きな注目を集めた傑作アルバム『8』の発売から約2年、今や日本を越えてアジア各地でも注目を集めるYENTOWN所属のシンガー/ラッパーAwichが遂に最新アルバム『孔雀』をリリース。前作リリース後は各種音楽フェスや海外公演へのオファーが絶えず、2019年にRed Bullが公開した88risingのアジアのアーティストにフォーカスをあてた長編ドキュメンタリー『Asia Rising: The Next Generation of Hip Hop』でも大々的にフィーチャーされるなど、その人気を日本だけにとどまることなく不動のものにした。約2年の時を経て発表される本作のトータルプロデュースは、前作に続き同じくYENTOWN のChaki Zuluが担当。その他にもYENTOWNとも親交が深いUSのトップ・プロデューサーBaauerや、SALUやJP THE WAVYなども手掛けるトラックメイカーJIGG、BTS やCrystal Kayなどへ楽曲提供を行うMatt Cabなど、国内外から錚々たる面子が集結。本作のリード曲となる「Poison」にはゆるふわギャングのフィメール・ラッパー、NENEが参加。二人のアクの強いラップで固定概念から脱却した現代の女性像を力強く描きだしている。さらにDOGMAと鎮座DOPENESSを迎えドープに人間のダークサイドを描きだす「洗脳」、OZworldと共通の故郷である沖縄について語る「DEIGO」、攻撃的なビートにJP THE WAVYらしい緩急を取り混ぜたラップが光る「Bloodshot」、前作収録のヒット曲「WHORU? ft.. ANARCHY」のアンサーソングとも言える「Gangsta」、重く引きずるようなトラップ・サウンドでありつつも彼女らしく洗練された「NWO」、美しいピアノの旋律と彼女の儚くも力強い歌とラップが融合した「4: 44」、まるで祈りの様に深くソウルフルに歌い上げる「First Light」に加えて、先行でリリースされたEP『Beat』からEGO-WRAPPIN'「色彩のブルース」をオフィシャルでサンプリングした「紙飛行機」、同じくYENTOWNのkZmをフィーチャーした「NEBUTA」のアルバム・バージョンなどを含む全20曲を収録。今作のアルバムタイトルは「美しくも飛べない鳥」=孔雀。毒虫や毒蛇類を好んで食すことから益鳥として尊ばれ、邪気を払う象徴として信仰対象にも取り入れられたという孔雀のように、下界の毒を食べて天へと導く息を吐くAwichをイメージしたという。煌びやかな中にも深く心に突き刺さる言葉の数々で聴く者にじっくり、じわじわと跡を残す。力強さと儚さが一つに共存したここ日本を代表する新たなマスターピースが誕生した。またアートワークは前作に続きKEITA SUZUKI が、孔雀の文字は書道家 万美が手掛けている。


Awichのニューアルバム発売決定。 Awich / 孔雀

カラダノナカノガイカイチョウノフシギ
  • 電子あり
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

進化をきわめた「おどろきの臓器」。実は「体外」だった! 年間1トンもの食べ物を消化・吸収し、たえず病原菌にもさらされる「内なる外」=腸。眼や口、呼吸器にまで目を光らせる最強の免疫器官であり、独自の遺伝子をもつ「腸内細菌」との共進化の場でもある。1億個ものニューロンを擁し、「第二の脳」とも呼ばれる驚異の「腸」能力とは? (ブルーバックス・2013年4月刊)


最大の免疫器官にして第二のゲノム格納庫!

進化をきわめた「おどろきの臓器」は、

実は「体外」だった!

年間1トンもの食べ物を消化・吸収し、
たえず病原菌にもさらされる「内なる外」=腸。

眼や口、呼吸器にまで目を光らせる最強の免疫器官であり、
独自の遺伝子をもつ「腸内細菌」との共進化の場でもある。

1億個ものニューロンを擁し、「第二の脳」とも呼ばれる驚異の「腸」能力とは?

目次

  • 第1章 腸は進化しつづけてきた――からだのなかの「外界」はどうできたか
  • 第2章 いのちをつくる腸の働き――驚異の消化・吸収力
  • 第3章 腸はいつも考えている――1億個のニューロンに支えられた「第二の脳」
  • 第4章 腸はからだを守っている――人体最大の免疫器官
  • 第5章 共生者「腸内細菌」の素顔――「第二のゲノム」のすごい働き
  • 第6章 腸の働きが低下したら……?
  • 第7章 腸内細菌で健康になる

製品情報

製品名 からだの中の外界 腸のふしぎ
著者名 著:上野川 修一
発売日 2013年04月19日
価格 定価:1,012円(本体920円)
ISBN 978-4-06-257812-7
通巻番号 1812
判型 新書
ページ数 216ページ
シリーズ ブルーバックス

書店在庫を見る