/,1771円,素通り,崇勲,/garnishable15443.html,CD・DVD , CD , 邦楽 , ラップ・ヒップホップ,※CASTLE限定CD特典付き!埼玉は春日部市からこの男のアルバムがまた産声をあげた。2枚目のアルバム「素通り」が完成。,syzygys.jp 1771円 ※CASTLE限定CD特典付き!埼玉は春日部市からこの男のアルバムがまた産声をあげた。2枚目のアルバム「素通り」が完成。 崇勲 / 素通り CD・DVD CD 邦楽 ラップ・ヒップホップ /,1771円,素通り,崇勲,/garnishable15443.html,CD・DVD , CD , 邦楽 , ラップ・ヒップホップ,※CASTLE限定CD特典付き!埼玉は春日部市からこの男のアルバムがまた産声をあげた。2枚目のアルバム「素通り」が完成。,syzygys.jp ※CASTLE限定CD特典付き 埼玉は春日部市からこの男のアルバムがまた産声をあげた 2枚目のアルバム 送料無料お手入れ要らず 素通り 崇勲 が完成 1771円 ※CASTLE限定CD特典付き!埼玉は春日部市からこの男のアルバムがまた産声をあげた。2枚目のアルバム「素通り」が完成。 崇勲 / 素通り CD・DVD CD 邦楽 ラップ・ヒップホップ ※CASTLE限定CD特典付き 埼玉は春日部市からこの男のアルバムがまた産声をあげた 2枚目のアルバム 送料無料お手入れ要らず 素通り 崇勲 が完成

※CASTLE限定CD特典付き 埼玉は春日部市からこの男のアルバムがまた産声をあげた 今だけスーパーセール限定 2枚目のアルバム 送料無料お手入れ要らず 素通り 崇勲 が完成

※CASTLE限定CD特典付き!埼玉は春日部市からこの男のアルバムがまた産声をあげた。2枚目のアルバム「素通り」が完成。 崇勲 / 素通り

1771円

※CASTLE限定CD特典付き!埼玉は春日部市からこの男のアルバムがまた産声をあげた。2枚目のアルバム「素通り」が完成。 崇勲 / 素通り



埼玉は春日部市からこの男のアルバムがまた産声をあげた。
売れたという手応えはあまり感じぬまま謎に懐が潤った前作「春日部鮫」から3年半。2枚目のアルバム「素通り」が完成。

前作発表から今作までの間に自身の状況は180°変わった。フリースタイルダンジョンの2代目モンスターに抜擢、人生初の飛行機乗車、車購入、親へお金を渡せるようになるetc.。今作も客演陣は親交の深い面子から人選。親友:CHICO CARLITOと初となる楽曲もあり(名曲)、心友:押忍マンも参加(酩曲)、地元の遊び友達 第三の唇も欠員メンバーありながらも熱意の参加(迷曲)。トラックは前作から引き続きJ-TARO、DJ RINDが提供してくれているのに加え、今作は、最高の男Watman Beginz、金沢から最高の男CARREC、さらには人見知りの性格を乗り越え連絡して楽曲を貰う事に成功したMaria Segawa(from TAG DOCK)、さらにはさらにはこのアルバムをキュッと締めてくれた北海道の最高の男Michita、KOK2015決勝のビートをブラッシュアップし最高の男LIBROも参加してくれている。重要なアルバムの中身だが、よくわかんないけどかなりいいと思う。聴いてくれればわかる。この3年半の喜怒哀楽全てが詰まってるアルバム。外野の声も、甘い誘いも全て"素通り"だ。


※CASTLE限定CD特典付き!!
■アルバム全曲インスト(11曲)


■PROFILE
崇勲(スークン)
埼玉県春日部在住のMC、崇勲、またの名を仁王立ちの内弁慶。2011年頃までは昔からの地元仲間と"第三の唇"という6MC1DJのグループを組み活動をしてきたが、メンバー全員とのライブスケジュールをすり合わせるのが面倒になりソロとして活動を始める。地元以外の東西南北全方位に不信感を抱きながら生きる厄介な性格故に紆余曲折あったが、その性格を楽曲に落とし込む事に見事成功し、ソロマイクとして頑張ってはいるが、決して"第三の唇"も解散はしていない。崇勲ソロとして2015年1ST ALBUM「春日部鮫」を発売。2019年5月にNEW ALBUM「素通り」を発売。フリースタイルバトルにも時折参戦。2014年、2016年末ブレス式主催のタッグマッチ「AsOne」優勝。2015年9sari groupが始動させたMCバトルの頂点を決める「KING OF KINGS」の初代王者。
フリースタイルダンジョン2代目モンスター。凄くない?


※CASTLE限定CD特典付き!埼玉は春日部市からこの男のアルバムがまた産声をあげた。2枚目のアルバム「素通り」が完成。 崇勲 / 素通り

図書

小島貞男 [ほか]編

詳細情報

タイトル 環境微生物図鑑
著者 人感センサーライト LED 自動点灯 電球色 昼白色 二色 送料無料 LED センサーライト 照明 電気 電球色 昼白色 玄関 寝室 廊下 人感 自動点灯 足元灯 ベッド元 ナイトライト フットライト 人感センサーライト ledセンサーライト ledライト 光センサー 防犯 授乳 常夜灯 出産祝いト USB
著者標目 小島, 貞男, 1916-2012
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社講談社
出版年月日等 1995.12
大きさ、容量等 758p ; 27cm
注記 付: 文献
ISBN 4061534068
価格 38000円 (税込)
JP番号 96035991
出版年(W3CDTF) 1995
件名(キーワード) 微生物--図鑑
関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 環境問題
関連キーワードを取得中..
NDLC RA4
NDLC RA611
NDLC NA217
NDC(8版) 465.038
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 環境微生物図鑑
  • 推薦の言葉 iii
  • はじめに v
  • 凡例 xv
  • [総論]
  • 第1章 環境微生物 1
  • 1.1 細菌・菌類 1
  • 1.1 A. 細菌 2
  • 1.1 B. 菌類 7
  • 1.2 微細藻類 10
  • 1.2 1.2.1 微細藻類の綱の分類 10
  • 1.2 A. 藍藻綱 12
  • 1.2 B. 紅藻綱 12
  • 1.2 C. クリプト藻綱 13
  • 1.2 D. 黄金色藻綱 14
  • 1.2 E. ラフィド藻綱 14
  • 1.2 F. 珪藻綱 15
  • 1.2 G. ハプト藻綱 15
  • 1.2 H. 黄緑藻綱 16
  • 1.2 I. 渦鞭毛藻綱 16
  • 1.2 J. プラシノ藻綱 17
  • 1.2 K. 緑藻綱 17
  • 1.2 L. 車軸藻綱 18
  • 1.2 M. ミドリムシ藻綱 18
  • 1.2 1.2.2 微細藻類の生態 19
  • 1.2 A. 微細藻類の生活圏と栄養戦略 19
  • 1.2 B. 微細藻類の生活型 19
  • 1.2 C. 微細藻類の増殖を支配する環境因子 20
  • 1.3 原生動物 25
  • 1.3 1.3.1 分類学上の諸問題 25
  • 1.3 1.3.2 形態学的側面 26
  • 1.3 A. 核 27
  • 1.3 B. 細胞質 28
  • 1.3 C.運動装置30
  • 1.3 1.3.3 生態学的側面 32
  • 1.3 A. 温度 32
  • 1.3 B. 光 33
  • 1.3 C. 水の化学組成 33
  • 1.3 D. 水素イオン濃度(pH) 34
  • 1.3 E. 食物 34
  • 1.4 微小後生動物 35
  • 1.4 A. 扁形動物 35
  • 1.4 B. 袋形動物 36
  • 1.4 C. 軟体動物 38
  • 1.4 D. 環形動物 39
  • 1.4 E. 緩歩動物 39
  • 1.4 F. 節足動物 40
  • 第2章 微生物と環境 44
  • 2.1 微生物の特徴と環境での役割 44
  • 2.1 2.1.1 環境微生物の特徴 44
  • 2.1 2.1.2 生態系 45
  • 2.1 2.1.3 物質循環 45
  • 2.1 A. 炭素の循環 46
  • 2.1 B. 窒素の循環 46
  • 2.1 C. リン、その他の循環 47
  • 2.1 2.1.4 微生物と地球環境 48
  • 2.2 微生物の増殖と環境 50
  • 2.2 2.2.1 微生物の増殖 50
  • 2.2 A. 微生物の増殖曲線 50
  • 2.2 B. 微生物の増殖速度 50
  • 2.2 C. 微生物の増殖と基質濃度 51
  • 2.2 2.2.2 微生物の栄養 52
  • 2.2 A. 微生物の栄養源 52
  • 2.2 B. 微生物の栄養要求の形式 53
  • 2.2 2.2.3 環境要因 54
  • 2.2 A. 環境要因と制限要因 54
  • 2.2 B. 温度 54
  • 2.2 C. 酸素 55
  • 2.2 D. 水素イオン濃度(pH) 55
  • 2.2 E. 浸透圧 55
  • 2.2 F. 光 55
  • 2.2 2.2.4 微生物種問の相互作用 56
  • 2.3 微生物による環境評価 57
  • 2.3 2.3.1 微生物を用いる意義 57
  • 2.3 2.3.2 汚水生物系列 57
  • 2.3 2.3.3 富栄養化の指標生物 60
  • 2.4 微生物による処理機能の診断 62
  • 2.4 2.4.1 微生物学的診断の意義 62
  • 2.4 2.4.2 活性汚泥の指標生物 63
  • 2.4 A. 活性汚泥の微生物相 63
  • 2.4 B. 指標微生物 65
  • 2.4 2.4.3 生物膜の指標生物 66
  • 2.4 A. 生物膜の生物相 66
  • 2.4 B. 指標生物 66
  • 2.4 2.4.4 水道の指標生物 67
  • 2.5 微生物を用いた生物検定 68
  • 2.5 2.5.1 生物検定の意義 68
  • 2.5 2.5.2 藻類増殖の潜在能力 68
  • 2.5 2.5.3 有害物質の影響 70
  • [各論]
  • I. 細菌・菌類
  • I. 細菌Bacteria 73
  • I. 真菌Eumycota 104
  • I. 鞭毛菌・接合菌Mlastigomycotina,Zygomycotina 104
  • I. 不完全菌Deuteromycotina 113
  • II. 微細藻類
  • II. 藍藻綱Cyanophyceae 131
  • II. ネンジュモ目Nostocales 131
  • II. クロオコックス目Chroococcales 177
  • II. 紅藻綱Rhodophyceae 185
  • II. カクレイト目Cryptonemiales 185
  • II. ウミゾウメン目Nemaliales 186
  • II. クリプト藻綱Cryptophyceae 187
  • II. クリプトモナス目Cryptomonadales 187
  • II. 黄金色藻綱Chrysophyceae 190
  • II. クリンカプサ目Chrysocapsales 190
  • II. オクロモナス目Ochromonadales 190
  • II. ペディネラ目Pedinellales 196
  • II. ラフィド藻綱Raphidophyceae 198
  • II. ラフィドモナス目Raphidomonadales 198
  • II. 珪藻綱Bacillariophyceae 210
  • II. 中心目Centrales 210
  • II. 羽状目Pemales 236
  • II. ハプト藻綱Haptophyceae 299
  • II. イソクリシス目Isochrysidales 299
  • II. プリムネシウム目Prymnesiales 301
  • II. パブロバ目Pavlovales 307
  • II. 渦鞭毛藻綱Dinophyceae 308
  • II. プロロケントルム目Prorocentrales 308
  • II. ディノフィシス目Dinophysidales 316
  • II. ギムノディニウム目Gymnodiniales 320
  • II. ノクチルカ目Noctilucales 330
  • II. ペリディニウム目Peridiniales 332
  • II. プラシノ藻綱Prasinophyceae 369
  • II. マミエラ目Mamiellales 369
  • II. プラシノモ目Prasinocladales 370
  • II. プセウドスコールフィールディア目Pseudoscourieldiales 372
  • II. ピラミモナス目Pyramimonadales 373
  • II. 緑藻綱Chlorophyceae 378
  • II. カエトフォラ目Chaetophorales 378
  • II. クロロコックム目Chlorococcales 382
  • II. シオグサ目Cladophorales 396
  • II. サヤミドロ目Oedogoniales 401
  • II. クダモ目Codiales 403
  • II. ヨツメモ目Tetrasporales 404
  • II. ヒビミドロ目Ulotrichales 407
  • II. アオサ目Ulvales 409
  • II. ボルボックス目Volvocales 410
  • II. ホシミドロ目Zygnematales 422
  • II. 車軸藻綱Charophyceae 429
  • II. シャジクモ目Charales 429
  • II. ミドリムシ藻綱Euglenophyceae 431
  • II. ミドリムシ目Euglenales 431
  • II. ユートレプチア目Eutreptiales 445
  • III. 原生動物
  • III. 鞭毛虫類Mastigophora 451
  • III. クリプトモナス目Cryptomonadida 451
  • III. ユーグレナ目Euglenida 451
  • III. クリソモナス目Chrysomonadida 456
  • III. ボルボックス目Volvocida 459
  • III. 襟鞭毛虫目Choanoflagellida 459
  • III. キネトプラスト目Kinetoplastida 463
  • III. ディプロモナス目Diplomonadida 468
  • III. 肉質虫類Sarcodma 469
  • III. アメーバ目Amoebida 469
  • III. シゾピレヌス目Schizopyrenida 475
  • III. ぺロミクサ目Pelobiontida 481
  • III. アルケラ目Arcellinida 481
  • III. 無殻目Aconchulinida 492
  • III. グロミア目Gromiida 497
  • III. デスモトラカ目Desmothoracida 503
  • III. アクティノプリス目Actinophryida 504
  • III. 繊毛虫類Ciliophora 507
  • III. 原口目Prostomatida 507
  • III. 側口目Pleurostomatida 517
  • III. カリオレリクタ目Karyorelictida 522
  • III. コルポーダ目Colpodida 523
  • III. ナスラ上目Nassulidea 528
  • III. フィロファリンジア上目Phyllopharyngidea 534
  • III. 吸管虫目Suctorida 540
  • III. 膜口目Hymenostomatida 546
  • III. スクーティカ繊毛虫目Scuticociliatida 560
  • III. 縁毛目Peritrichida 563
  • III. 異毛目Heterotrichida 583
  • III. 歯口目Odontostomatida 597
  • III. 少毛目Oligotrichida 599
  • III. 下毛目Hypotrichida 611
  • IV. 微小後生動物
  • IV. 扁形動物門Plathelminthes 631
  • IV. 袋形動物門Aschelminthes 632
  • IV. 腹毛綱Gastrotricha 632
  • IV. 線虫綱Nematoda 634
  • IV. 輪虫綱Rotatoria 645
  • IV. 軟体動物門Mollusca 667
  • IV. 環形動物門Annelida 669
  • IV. 緩歩動物門Tardigrada 680
  • IV. 節足動物門Arthropoda 682
  • IV. 甲殻綱Crustacea 682
  • IV. 昆虫綱Insecta 701
  • IV. 原索動物門Protochordata 705
  • [付録]
  • 検索表
  • 微細藻類 709
  • 原生動物 720
  • 用語解説 727
  • [索引]
  • 事項索引 739
  • 和名索引 744
  • 学名索引 747

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.