1058円 色彩が変化する魔法のパウダーバタフライピーソーダ バタフライピーラテ バタフライピードリンク バタフライピーティー 青いお茶 バタフライピー粉末 【送料無料】バタフライピーパウダー(30g)【鮮やかな青色が美しい天然ハーブ】バタフライピーソーダ バタフライピーティ ハーブティー アントシアニン 食用色素や製菓材料としてお菓子作りにも 京都 宇治 ヤマサン 水・ソフトドリンク お茶・紅茶 茶葉・ティーバッグ 日本茶 1058円 色彩が変化する魔法のパウダーバタフライピーソーダ バタフライピーラテ バタフライピードリンク バタフライピーティー 青いお茶 バタフライピー粉末 【送料無料】バタフライピーパウダー(30g)【鮮やかな青色が美しい天然ハーブ】バタフライピーソーダ バタフライピーティ ハーブティー アントシアニン 食用色素や製菓材料としてお菓子作りにも 京都 宇治 ヤマサン 水・ソフトドリンク お茶・紅茶 茶葉・ティーバッグ 日本茶 syzygys.jp,ハーブティー,京都,青いお茶,バタフライピー粉末,1058円,バタフライピーラテ,バタフライピードリンク,色彩が変化する魔法のパウダーバタフライピーソーダ,/garnishable504643.html,【送料無料】バタフライピーパウダー(30g)【鮮やかな青色が美しい天然ハーブ】バタフライピーソーダ,食用色素や製菓材料としてお菓子作りにも,バタフライピーティ,バタフライピーティー,アントシアニン,水・ソフトドリンク , お茶・紅茶 , 茶葉・ティーバッグ , 日本茶,ヤマサン,宇治 色彩が変化する魔法のパウダーバタフライピーソーダ バタフライピーラテ バタフライピードリンク バタフライピーティー 青いお茶 バタフライピー粉末 送料無料 ※ラッピング ※ バタフライピーパウダー 30g 食用色素や製菓材料としてお菓子作りにも バタフライピーソーダ 宇治 鮮やかな青色が美しい天然ハーブ アントシアニン ハーブティー バタフライピーティ 京都 ヤマサン syzygys.jp,ハーブティー,京都,青いお茶,バタフライピー粉末,1058円,バタフライピーラテ,バタフライピードリンク,色彩が変化する魔法のパウダーバタフライピーソーダ,/garnishable504643.html,【送料無料】バタフライピーパウダー(30g)【鮮やかな青色が美しい天然ハーブ】バタフライピーソーダ,食用色素や製菓材料としてお菓子作りにも,バタフライピーティ,バタフライピーティー,アントシアニン,水・ソフトドリンク , お茶・紅茶 , 茶葉・ティーバッグ , 日本茶,ヤマサン,宇治 色彩が変化する魔法のパウダーバタフライピーソーダ バタフライピーラテ バタフライピードリンク バタフライピーティー 青いお茶 バタフライピー粉末 送料無料 ※ラッピング ※ バタフライピーパウダー 30g 食用色素や製菓材料としてお菓子作りにも バタフライピーソーダ 宇治 鮮やかな青色が美しい天然ハーブ アントシアニン ハーブティー バタフライピーティ 京都 ヤマサン

色彩が変化する魔法のパウダーバタフライピーソーダ バタフライピーラテ バタフライピードリンク バタフライピーティー 青いお茶 バタフライピー粉末 送料無料 ※ラッピング ※ バタフライピーパウダー 30g 食用色素や製菓材料としてお菓子作りにも バタフライピーソーダ 宇治 鮮やかな青色が美しい天然ハーブ アントシアニン 店内全品対象 ハーブティー バタフライピーティ 京都 ヤマサン

色彩が変化する魔法のパウダーバタフライピーソーダ バタフライピーラテ バタフライピードリンク バタフライピーティー 青いお茶 バタフライピー粉末 【送料無料】バタフライピーパウダー(30g)【鮮やかな青色が美しい天然ハーブ】バタフライピーソーダ バタフライピーティ ハーブティー アントシアニン 食用色素や製菓材料としてお菓子作りにも 京都 宇治 ヤマサン

1058円

色彩が変化する魔法のパウダーバタフライピーソーダ バタフライピーラテ バタフライピードリンク バタフライピーティー 青いお茶 バタフライピー粉末 【送料無料】バタフライピーパウダー(30g)【鮮やかな青色が美しい天然ハーブ】バタフライピーソーダ バタフライピーティ ハーブティー アントシアニン 食用色素や製菓材料としてお菓子作りにも 京都 宇治 ヤマサン










【鮮やかな青色の天然ハーブ】
バタフライピーはアジア原産のマメ科の植物。
青い花が蝶の形に似ていることから名付けられました。
ラオスを含む東南アジアでは、ハーブティーをはじめ、
炭酸水やカクテルと合わせたドリンク、染料や化粧品の
原料として使われています。
バタフライピーの青は幸せを象徴する色。
製菓材料や食用色素としてだけでなく、
おもてなし用のお茶や大切な方へのギフトにもおすすめです。

【色彩が変化する魔法のパウダー】
バタフライピーの鮮やかな青色の正体は、
花弁に含まれるアントシアニンの一種「テルナチン」。
身体に嬉しい効果があり、健康や美容を意識する女性に人気です。
また、組み合わせる食材によって、アントシアニンの青色から緑色、
紫色、ピンク色など、色合いが魔法のように変化する食用色素です。
アレンジ次第でカラフルに変化するバタフライピーの色彩をお楽しみください。

【農薬・化学肥料不使用だから安心】
東南アジアの提携農家が栽培したバタフライピーを使用。
徹底した生産管理のもと、農薬・化学肥料不使用で
育てられたバタフライピーの花を微細な粉末にしました。
無味・無臭に近いのでアレンジ自在。バタフライピーの
ハーブティーやバタフライピーラテとして楽しむだけでなく、
製菓材料や食用色素としてご活用ください。

【食卓や写真に映える青色スイーツ】
バタフライピーパウダーはハーブティーとして
楽しむだけでなく、製菓材料として幅広いお菓子作りにも
活用できます。
パンや焼き菓子の生地に練り込んだり、ゼリーや
アイスクリームの食用色素として使ってみたり。
チョコレートに混ぜれば、エレガントな藍色に仕上がります。
バタフライピーの粉末(パウダー)なので、
少量の水(お湯)でも溶けやすく、生クリームや生地などの
製菓材料に混ざりやすいのもポイントです。

【ドリンクやカクテルのアレンジに】
冬場はお湯を注いで透き通った青色のハーブティーに、
夏場は炭酸水やカクテルと合わせて涼しげなアイスドリンクに。
また、牛乳や豆乳と合わせれば、カラフルなバタフライピーラテが
簡単に出来上がります。
お好みで蜂蜜や砂糖を加えるのもおすすめ。
レモンやオレンジのスライスを添えて、
バタフライピーならではの色合いの変化もお楽しみください。

名称:チョウ豆粉末
原材料名:バタフライピー
内容量:30g
賞味期限:枠外に記載
保存方法:直射日光・高温多湿を避け常温保存。開封後はなるべく早めにお召し上がりください。


栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー:367kcal
たんぱく質:20.1g
脂質:3.4g
炭水化物:64.0g
糖質:78.5g
食塩相当量:0.025g



お祝い・母の日・父の日・初節句・お中元・お歳暮内祝い・長寿・記念日・お返し・お礼・法要 etc...

ギフト包装・熨斗 無料で承ります。お気軽にご相談ください。
関連ワード
有機 抹茶 オーガニック 製菓用 特級 お茶 有機JAS 国産 宇治茶 日本茶 おちゃ 茶葉 京都 宇治 国産茶葉 無農薬 安心 安全 お祝い ラッピング のし 熨斗 ドリンク ギフト包装

色彩が変化する魔法のパウダーバタフライピーソーダ バタフライピーラテ バタフライピードリンク バタフライピーティー 青いお茶 バタフライピー粉末 【送料無料】バタフライピーパウダー(30g)【鮮やかな青色が美しい天然ハーブ】バタフライピーソーダ バタフライピーティ ハーブティー アントシアニン 食用色素や製菓材料としてお菓子作りにも 京都 宇治 ヤマサン

図書

小島貞男 [ほか]編

詳細情報

タイトル 環境微生物図鑑
著者 ※冷凍バラ凍結でブロックカットしてあります 国内産 鶏レバー心臓付 鶏レバー心臓付 1Kg 国内産
著者標目 小島, 貞男, 1916-2012
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社講談社
出版年月日等 1995.12
大きさ、容量等 758p ; 27cm
注記 付: 文献
ISBN 4061534068
価格 38000円 (税込)
JP番号 96035991
出版年(W3CDTF) 1995
件名(キーワード) 微生物--図鑑
関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 環境問題
関連キーワードを取得中..
NDLC RA4
NDLC RA611
NDLC NA217
NDC(8版) 465.038
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 環境微生物図鑑
  • 推薦の言葉 iii
  • はじめに v
  • 凡例 xv
  • [総論]
  • 第1章 環境微生物 1
  • 1.1 細菌・菌類 1
  • 1.1 A. 細菌 2
  • 1.1 B. 菌類 7
  • 1.2 微細藻類 10
  • 1.2 1.2.1 微細藻類の綱の分類 10
  • 1.2 A. 藍藻綱 12
  • 1.2 B. 紅藻綱 12
  • 1.2 C. クリプト藻綱 13
  • 1.2 D. 黄金色藻綱 14
  • 1.2 E. ラフィド藻綱 14
  • 1.2 F. 珪藻綱 15
  • 1.2 G. ハプト藻綱 15
  • 1.2 H. 黄緑藻綱 16
  • 1.2 I. 渦鞭毛藻綱 16
  • 1.2 J. プラシノ藻綱 17
  • 1.2 K. 緑藻綱 17
  • 1.2 L. 車軸藻綱 18
  • 1.2 M. ミドリムシ藻綱 18
  • 1.2 1.2.2 微細藻類の生態 19
  • 1.2 A. 微細藻類の生活圏と栄養戦略 19
  • 1.2 B. 微細藻類の生活型 19
  • 1.2 C. 微細藻類の増殖を支配する環境因子 20
  • 1.3 原生動物 25
  • 1.3 1.3.1 分類学上の諸問題 25
  • 1.3 1.3.2 形態学的側面 26
  • 1.3 A. 核 27
  • 1.3 B. 細胞質 28
  • 1.3 C.運動装置30
  • 1.3 1.3.3 生態学的側面 32
  • 1.3 A. 温度 32
  • 1.3 B. 光 33
  • 1.3 C. 水の化学組成 33
  • 1.3 D. 水素イオン濃度(pH) 34
  • 1.3 E. 食物 34
  • 1.4 微小後生動物 35
  • 1.4 A. 扁形動物 35
  • 1.4 B. 袋形動物 36
  • 1.4 C. 軟体動物 38
  • 1.4 D. 環形動物 39
  • 1.4 E. 緩歩動物 39
  • 1.4 F. 節足動物 40
  • 第2章 微生物と環境 44
  • 2.1 微生物の特徴と環境での役割 44
  • 2.1 2.1.1 環境微生物の特徴 44
  • 2.1 2.1.2 生態系 45
  • 2.1 2.1.3 物質循環 45
  • 2.1 A. 炭素の循環 46
  • 2.1 B. 窒素の循環 46
  • 2.1 C. リン、その他の循環 47
  • 2.1 2.1.4 微生物と地球環境 48
  • 2.2 微生物の増殖と環境 50
  • 2.2 2.2.1 微生物の増殖 50
  • 2.2 A. 微生物の増殖曲線 50
  • 2.2 B. 微生物の増殖速度 50
  • 2.2 C. 微生物の増殖と基質濃度 51
  • 2.2 2.2.2 微生物の栄養 52
  • 2.2 A. 微生物の栄養源 52
  • 2.2 B. 微生物の栄養要求の形式 53
  • 2.2 2.2.3 環境要因 54
  • 2.2 A. 環境要因と制限要因 54
  • 2.2 B. 温度 54
  • 2.2 C. 酸素 55
  • 2.2 D. 水素イオン濃度(pH) 55
  • 2.2 E. 浸透圧 55
  • 2.2 F. 光 55
  • 2.2 2.2.4 微生物種問の相互作用 56
  • 2.3 微生物による環境評価 57
  • 2.3 2.3.1 微生物を用いる意義 57
  • 2.3 2.3.2 汚水生物系列 57
  • 2.3 2.3.3 富栄養化の指標生物 60
  • 2.4 微生物による処理機能の診断 62
  • 2.4 2.4.1 微生物学的診断の意義 62
  • 2.4 2.4.2 活性汚泥の指標生物 63
  • 2.4 A. 活性汚泥の微生物相 63
  • 2.4 B. 指標微生物 65
  • 2.4 2.4.3 生物膜の指標生物 66
  • 2.4 A. 生物膜の生物相 66
  • 2.4 B. 指標生物 66
  • 2.4 2.4.4 水道の指標生物 67
  • 2.5 微生物を用いた生物検定 68
  • 2.5 2.5.1 生物検定の意義 68
  • 2.5 2.5.2 藻類増殖の潜在能力 68
  • 2.5 2.5.3 有害物質の影響 70
  • [各論]
  • I. 細菌・菌類
  • I. 細菌Bacteria 73
  • I. 真菌Eumycota 104
  • I. 鞭毛菌・接合菌Mlastigomycotina,Zygomycotina 104
  • I. 不完全菌Deuteromycotina 113
  • II. 微細藻類
  • II. 藍藻綱Cyanophyceae 131
  • II. ネンジュモ目Nostocales 131
  • II. クロオコックス目Chroococcales 177
  • II. 紅藻綱Rhodophyceae 185
  • II. カクレイト目Cryptonemiales 185
  • II. ウミゾウメン目Nemaliales 186
  • II. クリプト藻綱Cryptophyceae 187
  • II. クリプトモナス目Cryptomonadales 187
  • II. 黄金色藻綱Chrysophyceae 190
  • II. クリンカプサ目Chrysocapsales 190
  • II. オクロモナス目Ochromonadales 190
  • II. ペディネラ目Pedinellales 196
  • II. ラフィド藻綱Raphidophyceae 198
  • II. ラフィドモナス目Raphidomonadales 198
  • II. 珪藻綱Bacillariophyceae 210
  • II. 中心目Centrales 210
  • II. 羽状目Pemales 236
  • II. ハプト藻綱Haptophyceae 299
  • II. イソクリシス目Isochrysidales 299
  • II. プリムネシウム目Prymnesiales 301
  • II. パブロバ目Pavlovales 307
  • II. 渦鞭毛藻綱Dinophyceae 308
  • II. プロロケントルム目Prorocentrales 308
  • II. ディノフィシス目Dinophysidales 316
  • II. ギムノディニウム目Gymnodiniales 320
  • II. ノクチルカ目Noctilucales 330
  • II. ペリディニウム目Peridiniales 332
  • II. プラシノ藻綱Prasinophyceae 369
  • II. マミエラ目Mamiellales 369
  • II. プラシノモ目Prasinocladales 370
  • II. プセウドスコールフィールディア目Pseudoscourieldiales 372
  • II. ピラミモナス目Pyramimonadales 373
  • II. 緑藻綱Chlorophyceae 378
  • II. カエトフォラ目Chaetophorales 378
  • II. クロロコックム目Chlorococcales 382
  • II. シオグサ目Cladophorales 396
  • II. サヤミドロ目Oedogoniales 401
  • II. クダモ目Codiales 403
  • II. ヨツメモ目Tetrasporales 404
  • II. ヒビミドロ目Ulotrichales 407
  • II. アオサ目Ulvales 409
  • II. ボルボックス目Volvocales 410
  • II. ホシミドロ目Zygnematales 422
  • II. 車軸藻綱Charophyceae 429
  • II. シャジクモ目Charales 429
  • II. ミドリムシ藻綱Euglenophyceae 431
  • II. ミドリムシ目Euglenales 431
  • II. ユートレプチア目Eutreptiales 445
  • III. 原生動物
  • III. 鞭毛虫類Mastigophora 451
  • III. クリプトモナス目Cryptomonadida 451
  • III. ユーグレナ目Euglenida 451
  • III. クリソモナス目Chrysomonadida 456
  • III. ボルボックス目Volvocida 459
  • III. 襟鞭毛虫目Choanoflagellida 459
  • III. キネトプラスト目Kinetoplastida 463
  • III. ディプロモナス目Diplomonadida 468
  • III. 肉質虫類Sarcodma 469
  • III. アメーバ目Amoebida 469
  • III. シゾピレヌス目Schizopyrenida 475
  • III. ぺロミクサ目Pelobiontida 481
  • III. アルケラ目Arcellinida 481
  • III. 無殻目Aconchulinida 492
  • III. グロミア目Gromiida 497
  • III. デスモトラカ目Desmothoracida 503
  • III. アクティノプリス目Actinophryida 504
  • III. 繊毛虫類Ciliophora 507
  • III. 原口目Prostomatida 507
  • III. 側口目Pleurostomatida 517
  • III. カリオレリクタ目Karyorelictida 522
  • III. コルポーダ目Colpodida 523
  • III. ナスラ上目Nassulidea 528
  • III. フィロファリンジア上目Phyllopharyngidea 534
  • III. 吸管虫目Suctorida 540
  • III. 膜口目Hymenostomatida 546
  • III. スクーティカ繊毛虫目Scuticociliatida 560
  • III. 縁毛目Peritrichida 563
  • III. 異毛目Heterotrichida 583
  • III. 歯口目Odontostomatida 597
  • III. 少毛目Oligotrichida 599
  • III. 下毛目Hypotrichida 611
  • IV. 微小後生動物
  • IV. 扁形動物門Plathelminthes 631
  • IV. 袋形動物門Aschelminthes 632
  • IV. 腹毛綱Gastrotricha 632
  • IV. 線虫綱Nematoda 634
  • IV. 輪虫綱Rotatoria 645
  • IV. 軟体動物門Mollusca 667
  • IV. 環形動物門Annelida 669
  • IV. 緩歩動物門Tardigrada 680
  • IV. 節足動物門Arthropoda 682
  • IV. 甲殻綱Crustacea 682
  • IV. 昆虫綱Insecta 701
  • IV. 原索動物門Protochordata 705
  • [付録]
  • 検索表
  • 微細藻類 709
  • 原生動物 720
  • 用語解説 727
  • [索引]
  • 事項索引 739
  • 和名索引 744
  • 学名索引 747

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.