The,/,Streets,syzygys.jp,Me,Made,CD・DVD , CD , 邦楽 , ラップ・ヒップホップ,JAGGLA,/leontiasis15026.html,この作品を聴けば2020年現在における彼の地元、大阪ストリート・シーンの”リアル”が鮮やかに浮かび上がるだろう。,1940円 The,/,Streets,syzygys.jp,Me,Made,CD・DVD , CD , 邦楽 , ラップ・ヒップホップ,JAGGLA,/leontiasis15026.html,この作品を聴けば2020年現在における彼の地元、大阪ストリート・シーンの”リアル”が鮮やかに浮かび上がるだろう。,1940円 この作品を聴けば2020年現在における彼の地元 大阪ストリート シーンの”リアル”が鮮やかに浮かび上がるだろう JAGGLA Made The Me Streets メーカー公式ショップ 1940円 この作品を聴けば2020年現在における彼の地元、大阪ストリート・シーンの”リアル”が鮮やかに浮かび上がるだろう。 JAGGLA / The Streets Made Me CD・DVD CD 邦楽 ラップ・ヒップホップ 1940円 この作品を聴けば2020年現在における彼の地元、大阪ストリート・シーンの”リアル”が鮮やかに浮かび上がるだろう。 JAGGLA / The Streets Made Me CD・DVD CD 邦楽 ラップ・ヒップホップ この作品を聴けば2020年現在における彼の地元 大阪ストリート シーンの”リアル”が鮮やかに浮かび上がるだろう JAGGLA Made The Me Streets メーカー公式ショップ

この作品を聴けば2020年現在における彼の地元 大阪ストリート シーンの”リアル”が鮮やかに浮かび上がるだろう 出荷 JAGGLA Made The Me Streets メーカー公式ショップ

この作品を聴けば2020年現在における彼の地元、大阪ストリート・シーンの”リアル”が鮮やかに浮かび上がるだろう。 JAGGLA / The Streets Made Me

1940円

この作品を聴けば2020年現在における彼の地元、大阪ストリート・シーンの”リアル”が鮮やかに浮かび上がるだろう。 JAGGLA / The Streets Made Me



今やジャパニーズ・ヒップホップを語る上では決して外せないメッカとなっているのが大阪ストリート・カルチャーの中心地、アメ村、ミナミ界隈であるが、数十年に渡って「毎日ヒップホップ /どこかでヒップホップ」な光景がいたるところで繰り広げられてきた「嘘つきと芋引きは消える」この地で、何者でもない十代の頃から一途にマイクを握り、タフにサバイヴして名を上げてきた"大阪ストリートの真打ち"とでも言うべき存在がこのJAGGLAであることに異論の余地はないだろう。
関西ヒップホップ・シーン屈指の猛者たちが集う大所帯クルー”竜巻一家”とその核を成すグループ”Tornado”の一員として、ひときわ目を引く彼のクルー内でのポジションを一言で表現するならば「我らが竜巻一家/目で見たまんまやJAGGLAがリーダー」(本作中「Tornado Soldier」BICのリリックより)。そして、またある時は盟友、孫GONGとの超弩級ユニット“ジャパニーズマゲニーズ”のメンバーとしても精力的に活動する彼のソロ名義では四年ぶりのセカンド・アルバムたる本作はタイトルに恥じず、大阪ストリート・カルチャーを少しでも知る者ならば”筋が通った”としか言いようのない人選の客演陣、トラックメーカーたちと共にこの街のストリートの過去、現在、未来を彼一流のStreet Knowledgeをもって巧みにビジュアライズした重厚な作品だ。
作中「俺の教科書/NasのIllmatic」と彼が語る稀代のヒップホップ・クラシックが当時のNYという街の姿を生々しく切り取ったように、この作品を聴けば2020年現在における彼の地元、大阪ストリート・シーンの”リアル”が鮮やかに浮かび上がるだろう。
「The Streets Made Me」との看板に、偽りはない。


■PROFILE
関西ストリート・シーンの現在を代表するラッパーといえば?誰もが口を揃える存在。それが『JAGGLA』である。
大阪・高槻を中心に活動する大所帯クルー“TORNADO”(トルネード)のボス。 2000年代前半より精力的にライブを行い、まさに”現場叩き上げスタイル”で頭角を現す。 GAZZILAのサポートMCを務めたことをきっかけに、強烈なキャラクターとヴァイブスでその名を拡げ、吐き出す言葉に胸を刺されるような熱いライブ・パフォーマンスは、全国各地のアーティストやヘッズからの支持も集めることとなる。
TORNADO名義でのMIX CD「TORNADO WARNING」「OUTBREAK」を経て 2016年にMIX CD「with my own eyes - Mixed by DJ KEM」1st ALBUM「蜃気楼」をリリース。
全国30カ所にも渡る大規模ツアーを成功させ、確固たる人気を確立した。近年は孫GONGとの2MCユニット「ジャパニーズマゲニーズ」をメインに活動しており、楽曲「REAL STONER feat.PERSIA VIGORMAN」のMVはYouTubeの100万再生超を記録。
2019年の日本語ラップシーンの話題をさらう。2020年いよいよソロとしてのキャリアを再始動。
2nd ALBUM「Streets Made Me」をリリースする。


この作品を聴けば2020年現在における彼の地元、大阪ストリート・シーンの”リアル”が鮮やかに浮かび上がるだろう。 JAGGLA / The Streets Made Me

劇場公開日

  • 予告編を見る
11%
37%
34%
11%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「愚行録」「蜜蜂と遠雷」の石川慶監督が、SF作家ケン・リュウの短編小説「円弧(アーク)」を芳根京子主演で映画化。遠くない未来。生まれたばかりの息子と別れ、放浪生活を送っていたリナは、やがて師となるエマと出会う。リナは大手化粧品会社で、最愛の人を亡くした人のために、遺体を生きていた姿のまま保存できるように施術する「ボディワークス」という仕事に就く。一方、エマの弟で天才科学者の天音は、姉と対立しながら、ボディワークスの技術を発展させた不老不死の研究を進めていた。30歳になったリナは天音とともに、不老不死の処置を受け、人類史上初の永遠の命を得た女性となった。やがて、不老不死が当たり前となった世界は、人類を二分化し、混乱と変化をもたらしていく。芳根が100歳を超えてなお生きるリナ役を演じる。エマ役の寺島しのぶ、天音役の岡田将生ほか、倍賞千恵子、風吹ジュン、小林薫らが脇を固める。

2021年製作/127分/G/日本
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

ドクタージャルト ミスト シカペア Cicapair 乾燥肌 韓国コスメ 3種セット【 Dr.Jart+ 】ドクタージャルト シカペア フェイシャル カーミング ミスト 150ml x2コ + セラマイディン クリーム ミスト 110ml 化粧水 スプレー 保湿ケア 【海外直送】

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

(C)2021映画「Arc」製作委員会

映画レビュー

3.0成功しているかは、なんとも言えない

なおさん
2021年8月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

原作は読んでるはずだが…ヤダ、うそ、覚えてない。
冒頭の説明しない始まり方、好き。序盤は映像の強みを生かした感じで、少なくとも私はこういうものを見たことはなかった。
中盤から後半は、社会の変容あるいは種としての変容は置いておいて、主人公含め個人の選択に焦点を当てる感じ。
未来感ないと言えばその通りだが、そういう環境であることは見て取れるので、許容範囲だった。原作もそこは目指していないのだろうし。

ところでArkならまあ納得なのだが、なぜArcなんだろう。

2.0もったいない

ぱるさん
2021年7月16日
Androidアプリから投稿

映画の内容はダメ。
具体的には
●前半と後半の分断具合が半端ない。
●伏線もなく回収もない。
●どなたかも書いてましたが、後半無駄な展開が多すぎて退屈になる。
●リナのアマネへの愛が無さすぎる。そのせいで、アマネは前半メインキャラなのに後半ほぼ影も形も出てこない。そんなことある!?
結論
ぜひもう一度内容を精査して撮り直して欲しい。このテーマというか骨子をこれで駄作として終わらせるのはもったいない。

PS:予告編は神。
この映画を初日に鑑賞せずにはいられなかった。
真ん中へんの芳根京子が記者会見で放つ一言から、駆け抜けるようなBGMが流れ、最期に、鑑賞者の心を鷲掴みにする倍償千恵子のワンカット。
映画鑑賞後も、この予告編は何度も見てます。素晴らしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)

3.5芳根京子の新境地!

2021年7月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

スタイルはSFですが、生き死にを正面からとらえた人間ドラマです。カラーとモノクロの使い分けが、大林宣彦監督作品風に感じました。タイトルのア−ク(円弧)は生から死でもあるけれど、人の繋がりの事なのかなと思っています。

芳根さん、役者になったねぇ〜!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)

2.5「起承承結」といった感じ

てちるさん
2021年7月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「愚行録」「蜜蜂と遠雷」の石川慶監督ということで非常に期待していましたが、なんだかいまいち盛り上がりに欠けているように感じてしまった。「そこでそのセリフいる?」みたいな場面もあったり、とにかく自分は入り込めなかった。
ただやはり映像に関しては繊細で淡く、美しい色合いで描かれていた。監督の次回作が楽しみ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
すべての映画レビューを見る(全116件)